リン脂質とは

水分を抱え込むため役割を果たしてくれる成分「リン脂質」。
「セラミド」は聞いたことがあるという方も、「リン脂質」という言葉を目にしたことがある方は、少ないのではないでしょうか?
今回は、近年、化粧品業界で注目が集まっている「リン脂質」について、ご紹介します。
そもそも、なぜ「リン脂質」に高い注目が集まっているのでしょうか?
それは、近年の化粧品開発における、研究の進展により、高い機能性や効果を期待される傾向が強くなっていることにあります。リン脂質は、「皮膚との親和性」や「安全性」、さらには「機能性」も兼ね備えているのです。
リン脂質は、水と油との界面張力を低下させ、乳化系を安定化することから、「天然の乳化剤(界面活性剤)」として名高い成分です。
リン脂質
自らラメラ構造を形成することができるという特長を持っており、その構造は、角層でバリア機能を担う「細胞間脂質」と類似していると言われています。
つまり、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ「バリア機能」を向上させることにより、水分を補い保ち、うるおいを与えてくれるのです。

しかし、天然のリン脂質は不飽和脂肪酸基を有するため、酸化などにより保存安定性に問題が生じると言われています。そのため、化粧品に用いるリン脂質には、その問題を解決するべく、様々な物理的・化学的変化を加えることが一般的とされています。

肌を健やかに保つためには、前述した通り、「機能性」だけではなく、「安全性」も重視していきたいですよね。
TRY MEal(トライミール)ならば、その問題も解決することができます。

トライミールには、高い抗酸化作用で知られる「トコトリエノール」、「トコフェロール」が含有されているからです。
つまり、リン脂質の天敵である「酸化」を自ら防ぐことができ、安全性も確保することができています。
「最高の天然オイル」と言われる所以は、「不要なものは一切入れずに、高い肌効果を期待することができる」ことにあるのです。

ぜひ、オーツ麦オイルの持つ、自然由来の力を実感してください。
※稲アレルギーの方はご使用をお控えください。

トライミールの商品ページはこちら