夏こそ、オイル美容!肌の乾燥によるトラブルを防ぎ、うるおいのある肌へ

強い日差しを感じたり、汗をかく日が増える季節になってきました。

美容オイルは、秋冬のお手入れだと思っていませんか?実は、夏も肌は気づかぬうちに乾燥しており、肌トラブルが起きやすくなっています。だからこそ、オイルを取り入れたスキンケアで乾燥を防ぐことが大切なのです。
そこでおすすめしたいスキンケア方法が、「オイル美容」。なぜ、夏にオイルを用いたスキンケアがおすすめなのか。そして、オイル美容に最適な天然成分100%美容オイル「TRY MEal(トライミール)」について、ご紹介していきます。

目次
1.夏の肌に引き起こる「隠れ乾燥」とその原因
2.夏のスキンケアにおすすめ「オイル美容」
3.天然成分100%美容オイル「トライミール」とは
4.トライミールを使った夏におすすめのスキンケア方法
5.トライミールで「隠れ乾燥肌」にサヨナラ!



1.夏の肌に引き起こる「隠れ乾燥」とは

夏はベタつきの原因である汗や皮脂が増えると同時に、冬に比べて空気中の水分量が8~9割程度増えるため、「自分の肌が潤っている」と感じてしまう方も多いようです。
しかし、肌がベタつく根本的な原因は、実は「肌の乾燥」によるものだと言われています。
では、なぜ、乾燥が引き起こるのでしょうか?
その主な原因は4つ。

・大量の汗によるうるおいの流出
・夏冷え(血行不良になり、乾燥が加速)
・紫外線
・油分なしのさっぱりスキンケア

この中でも特に注意したいのが、「油分なしのさっぱりスキンケア」。夏は保湿ケアをすると余計ベタつきを感じるから控える、という方も多いと思いますが、まさにその行為が「夏の隠れ乾燥肌」を生んでしまっているのです。日々のケアは自分で改善できるので、一緒に見直してみましょう。

2.夏のスキンケアにおすすめ「オイル美容」

夏特有の肌ダメージを軽減し、健康な肌を育むためにおすすめなのが「オイル美容」!
夏は化粧水だけでは保湿力が足りません。肌の乾燥がどんどん進んでしまう夏だからこそ、入念な保湿ケアが必要なのです。そこで活躍するのが、保湿力の高い「美容オイル」。
美容オイルをおすすめする2つのポイントをご紹介します。

1、肌の水分補給をサポート
油分は“最後にフタをするもの”というイメージがあり、一度油分をのせたら化粧水が入らなくなると思われている方も多いようです。しかし、実は皮脂膜(注1)は水を通しづらく、むしろ油分の方が浸透しやすい構造になっているので、油分を取り入れることで、水分もしっかり浸透させることに繋がります
スキンケアに美容オイルを取り入れることで、肌の乾燥を防ぐだけではなく、水分補給もしっかりサポート。うるおいのある肌を保つことができます。

2、保湿ケアでターンオーバーのサイクルを整えよう
私たちの肌は、一定のサイクルで新しく生まれ変わっており、これを「ターンオーバー」といいます。
このターンオーバーのサイクルは紫外線によるダメージや、乾燥によって崩れやすくなり、肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルの原因に繋がります。 だからこそ、夏ほど保湿をしっかりと行い、ターンオーバーの乱れとなる要因をなくすことが大切になるのです。

3.天然成分100%美容オイル「トライミール」とは


世の中には多くの美容オイルが存在します。そんな中で、私たちが自信を持ってお届けするのが、天然成分100%でできている美容オイル「TRY MEal(トライミール)」です。

トライミールは、近年、FDA(アメリカ食品医薬品局(注3))で肌への親和性も実証されている注目度の高い成分「オーツ麦オイル(カラスムギ穀粒油(注2))」からできています。

それでは、なぜ、オーツ麦オイルは高い注目を集めているのでしょうか。
それは、他の天然オイルにはない、唯一無二の特長を持っていることが明らかになったからです。

オーツ麦オイルには、うるおいを与えてくれる主要成分として名高い「セラミド」と、水分を抱え込むための保湿剤の役割を果たしてくれる「リン脂質」が、同時に含有されています。通常、天然オイルにはどちらか一方の成分しか含有されておらず、後から肌への効果を高めるために加えることが、一般的とされています。

さらに、ビタミンEの種類である「トコトリエノール」「トコフェロール」も含有されています。これは、リン脂質の天敵である「酸化」を、自ら防ぐ働きを持っています。
つまり、不要なものを一切入れず、うるおいを抱え込む肌へ整え戻すことができるのです。

「オイル美容」トライミールは肌の乾燥状態を緩和し、ターンオーバーサイクルも整えてくれるので、夏のスキンケアに最適だと言えるのです。

4.トライミールを使った夏におすすめのスキンケア方法


そんなトライミールの力を最大限発揮する、夏におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

夜のスキンケア

 化粧水を塗らず、トライミールを直接肌にのせてみる。これが、トライミールの基本的な使い方です。

ただ、使う方の肌の状態によって、こんなスキンケア方法もおすすめです。

★肌の保湿時間を伸ばしたい場合:化粧水で水分を補ってから、トライミールで水分を閉じ込めてあげる
★肌の乾燥が強いと感じた場合:トライミールを塗布した後、普段ご利用のクリームで閉じ込める

朝のスキンケア

美容オイルは、朝のスキンケアにもおすすめです。朝にも使用していただくことで、メイクノリを良くしてくれる効果があります。また、朝に取り入れることで、その日1日に浴びてしまう紫外線や乾燥からお肌を守ってくれる効果も期待できるので、蓋をするようにスキンケアの最後に取り入れてみてください。
※トライミールには、ビタミンEの種類である「トコトリエノール」「トコフェロール」が含有されているため、油焼けしにくいという特長があります。

5.トライミールで「隠れ乾燥肌」にサヨナラ!

夏のスキンケアにおすすめの「オイル美容」いかがでしたか?夏ほど肌が乾燥すると、初めて知った方も多かったのではないかと思います。
夏も、肌の乾燥を防ぎ、うるおいのある肌を保つためにも、毎日のスキンケアに「トライミール」を取り入れてみてはいかがでしょうか?


1)皮脂膜:角層の表面(皮膚表面)を覆っている天然の保護膜のこと。
2)カラスムギ穀粒油:カラスムギの穀粒から得られる植物油脂。
3)FDA(アメリカ食品医薬品局):医薬品や食品、化粧品など様々な製品の安全性や有効性を証明し、国民の健康を守る役割を担っているアメリカの政府機関。