セラミドとは

水分を補い保ち、肌にうるおいを与えてくれる主要成分「セラミド」。

「肌にとって、本当に大切な成分なの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、「セラミド」が肌にとってどれほど大切な成分で、 どのような効果をもたらしてくれるかをご紹介します。

「健康な肌」は、角層が整っているものです。
その角層の間にあるセラミドも緻密で、細胞間脂質が保たれていることで、水分や油分の異物などが入ってきづらくなっています。
さらに、雑菌や外部刺激などもそこを透過してくることが難しくなるのです。

セラミドは水にも油にもなじまない性質を持っているため、肌の「バリア機能」として働くことができます。
微量の配合であっても、肌に塗布するだけでバリア機能を底上げしてくれるという特長があるので、 使用感にあまり左右されず、肌が荒れる要因を防御し、補強してくれる性質を持っています。
さらに、セラミドにはベタベタする性質もないため、TRY MEal(トライミール)はオイルを原料としていますが、使用感も軽く、不快感も少ないのです。

しかし、セラミドは年齢を重ねるごとに産生量が低下してしまいます。また、洗顔をするだけで溶出するほど脆いという欠点があります。
だからこそ、外側からセラミドを補ってあげることが、大切なのです。

セラミドは主に7種あり、トライミールに含まれているのは「セラミド2、セラミド3、セラミド4、セラミド5、セラミド7」の5種。

それぞれ、少しずつ肌への効果が異なり、中でもトライミールは「セラミド2」「セラミド3」「セラミド4」の含有率が高いことが特長です。

・セラミド1…外からの刺激に対する高いバリア機能と、水分を保持する機能。
・セラミド2…高い水分保持機能。
・セラミド3…水分を保持する機能と、シワを軽減する働きを持つ機能。
・セラミド4、5…角質をバリアする脂質の層を作り保持する機能。
・セラミド6…水分を保持する機能、シワの軽減やターンオーバーを促進する機能。

・セラミド7…細胞の増殖や分化をコントロール、皮膚に存在する菌のバランスを整える機能。

つまり、トライミールは肌に必要なセラミドがバランスよく含有されているから、肌にのせた瞬間から、変化を実感することができるのです。

トライミールの商品ページはこちら